toreblog Written by toremoro33

【お金を稼ごう】COZUCHIで驚異の年利13%超え

投資

とれです。

COZUCHIというソーシャルレンディングサービスがかなりアツかったので紹介しますね。

※投資なので運用は自己責任でね

COZUCHIとは

COZUCHI(旧WARASHIBE)とは、最短3ヶ月から不動産投資ができるクラウドファンディングサービスです。

※ソーシャルレンディングとは、簡単に説明すると、お金を貸したい人とお金を借りたい人を繋ぐサービスです。お金を貸したい人は、レンタル代として分配金を貰うことが出来ます。

COZUCHIは、1口1万円から始めることができるので、不動産投資をしたいけど、資金がないという方におすすめです。

詳しくはCOZUCHI公式サイトをご覧ください。

驚異の年利13%超え案件

一般的な株式投資はだいたい年利が4〜5%程度ですが、COZUCHIでは驚異の13%超えの案件がありました。

こちらすでに終了しているものですが、応募人数3,000人超え。2億円の募集に対して約16億円の応募金が集まったやばすぎ案件です。凄い…。

いくつか口コミ貼っておきますね。

非常に人気で、応募時は回線が落ちていたらしいです。

おそらく今後もCOZUCHIで神案件が出る可能性があるので、お金を増やしたい方はチェックしてみると良いかもです。

»COZUCHI公式サイト

ちなみにゆうちょ銀行の場合、年利が0.001%なので1万倍です。

例えば、100万円をそれぞれ運用した場合…

  • 年利0.001%→10円が貰える
  • 年利10%→10万円が貰える

なので、銀行に預けているお金がある方は、COZUCHI運用でお金にお金を稼いで貰うのも一つの手です。

不労所得ってやつですね。

過去には利回り283%も

過去には利回り283%という意味わからない案件もありました。

利回り283%の場合、単純計算100万円を預ければ、1年後に283万円が増えるので、100万円が383万円になります。

ヤバすぎです。ちなみにこれは元々の想定利回りが12%でしたが、実際の利回りが283.5%でした。

COZUCHIには想定利回りが上限ではなく、利益によって、投資家(私たち)にも利益が配分されます。非常にアツいです。

こんな感じで、COZUCHIには他にも高利回りの案件はあります。

公式サイトよりいくつかピックアップしますね。

無料登録をすれば、他の案件や詳細を確認出来るので、気になる方はチェックしてみてください。

»COZUCHI公式サイト

COZUCHIのリスク

最後にリスクについても紹介しておきますね。

COZUCHIは投資なので、当たり前ですが、元本割れのリスクもあります。

ただ、COZUCHIの優れているポイントは優先劣後構造を取っていることです。

優先劣後構造とは


引用:COZUCHI公式サイト

優先劣後構造とは、元本を下回り損失が出た場合に、事業者の出資分から補填してくれる仕組みです。

事業者の劣後出資は10~60%程度です。

要は10%の元本割れの場合は、リスクゼロで運用可能なわけです。アツいです。

また、COZUCHIは事業開始2008年から、1度も元本割れがないそうです。

なので、取り組みや実績より、わりと信用できるサービスかと思います。

神案件が始まるよ

05/05 12:00からCOZUCHI市場最大ファンドの案件がリリースされます。

枠が36億円ですが、先着順でおそらくすぐに埋まるかと思います(多分)

なので、利用する方はお早めに無料登録することをおすすめします。

ちなみに抽選で500名に最大10万円キャッシュバックキャンペーンも実施中です。

»COZUCHI公式サイト

(2022/05/10追記)こちら3時間半ほどで枠が全て埋まったみたいです。

ただ、申込み取り消し分の枠が空いたみたいなので、2022年5月12日(木)19時から、先着で再申し込み可能みたいです。

前回申込み出来なかった方はお見逃しなく。

こちら終了しました。

3時間半ほどで全ての枠が埋まったみたいです。凄い…。

神案件第2弾

またまた年利10%の案件が出ました。

六本木なので、こちらも枠は全部埋まりそう。

利用する方はお見逃しなく。

最後に

COZUCHI案件が魅力的だったので紹介しました。

無料登録には少し時間がかかります。

応募したい案件があった時に、すぐに始めれるように、今の内に登録しておくことをおすすめします。

»COZUCHI公式サイト

終わり。