toreblog Written by toremoro33

【5分で簡単】楽天証券の口座開設方法【画像で解説】

投資

こんにちは。とれです。

今回は楽天証券の登録方法を解説していきます。

5分程で申請を出すことができるので、つみたてNISAなどを始めようと思っていた方は参考にしてみてください。

楽天証券の口座開設方法

楽天証券の口座開設手順は下記です。

  1. 楽天証券公式サイトにアクセス
  2. 本人確認書類提出
  3. 個人情報入力
  4. 初期設定

では、順に解説していきます。

【手順その1】楽天証券公式サイトにアクセス

まずは、下記から楽天証券公式サイトへアクセスします。

»楽天証券公式サイト

「口座開設」をタップします。

この表記が出ます。楽天会員だと、一部入力がはずけるので楽です。

「楽天会員の方」を選んだ方は、IDとパスワードでログインしてください。

「楽天会員ではない方」を選んだ方は、メールアドレスの登録が必須です。

確認のメールが送信されるので、メール記載のURLをタップします。

【手順その2】本人確認書類提出

次に本人確認をしていきます。主に下記2つの方法があります。

  1. スマホで本人確認
  2. 書類アップロードで本人確認

最短で登録したい方は、「スマホで本人確認」がおすすめです。

【手順その3】個人情報入力

後は個人情報を手順通り入力していきます。

ここは各々違うので割愛します。

納税方法について

進めていくと納税方法選択画面が表示されます。

  • 特定口座(源泉徴収あり)
  • 特定口座(源泉徴収なし)
  • 一般口座(源泉徴収なし)

自分で確定申告をしない方は「特定口座(源泉徴収あり)」を選択しておけばOKです。

ここを選択すると、税金の手続きを楽天証券が行ってくれるので楽です。大体の方はこれに当てはまるかと思います。

NISA口座について

併せて「NISA口座」の開設有無も聞かれます。これから、つみたてNISAもしくはNISAを始める予定の方は併せて申し込みましょう。

※NISA口座は1人1口座しか作れないので、他社(SBI証券など)でNISA口座があれば作成出来ません

つみたてNISAをやる予定の方は「つみたてNISA口座」を選択しましょう。

楽天銀行について

楽天銀行の申込み画面も表示されます。

楽天銀行と楽天証券を紐づけると楽天銀行の金利が0.02%→0.1%になるので、併せて作っても良いかと思います。

私ももちろん楽天銀行の口座は開設しています。

その他申込みについて

その他、iDeCo、楽天FX、信用取引口座の申込み画面も表示されます。

ここは利用するのであれば、申し込めば良いかと思います。もちろん後からでも申込み可能です。

ちなみに、私は上記3つは申込みしていません。

これでとりあえず申込み完了です。

お疲れ様でした。

後は1〜5営業日程度で審査が完了します。

審査完了後は、登録したメール宛にログインIDと初期パスワードが届くので、それを待ちましょう。

【手順その4】初期設定

メールが届いたら、IDとパスワードでログインをして、下記初期設定を実施します。

  • 暗証番号設定
  • 勤務先情報入力
  • マイナンバー情報入力

上記は手順通り進めていけば出来ます。

お疲れ様でした。これでひとまず楽天証券の口座開設完了です。

最後に

楽天証券の口座開設方法を解説しました。ぜひ、参考にしてみてね。

終わり。